ガサガサ通信 vol.7 〜まるでSF映画のような絶景すぎる水族館〜

タイランドの地方にある町。スパンブリー県北部のブンチャワークという池のほとりに、サターン・サデーン・パン・サットナーム・ブン・チャワーク(ブンチャワーク水族館)がある。

東南アジア最大規模の淡水魚水族館として、メコン川水系の淡水魚を中心に飼育展示している。

この動画を一目見ればわかる通り、巨大淡水ナマズ水槽は 「まるでSF映画」「まるでCG!?」と思うほどに大迫力で一見の価値あり。魚の状態から水質に至るまで徹底的に管理され、魚のプロたちも唸る完成度になっている。

入場料は、大人30バーツ(子供10バーツ)。日本円で100円前後と非常に安い。場合により、外国人料金を取られることがあるが、請求されたらチップだと思って素直に払うのが気持ちよく楽しむためのコツ。

園内には巨大建造物が鎮座する。奇怪遺産(著・佐藤 健寿)の世界感に近いため、観光客の少ない平日に行けば異様な雰囲気も楽しめる。

ブンチャワーク敷地内には、水族館のほか動物園やワニ園、宿泊施設、食堂街などもあるため、1日観光にもお勧めのスポットになっている。

住所
W2HX+26 Pak Nam, Doem Bang Nang Buat District, スパンブリ タイ
(Highway 3216 , Doem Bang , 72120 Doem Bang Nang Buat , Suphan Buri, Tambon Pak Nam, Amphoe Doem Bang Nang Buat, Chang Wat Suphan Buri 72120 タイ)

営業時間
8:30~16:30(日曜~17:00)

TEL
+66-92-378-1111

https://goo.gl/maps/5s2Knrap8Xo

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です